パワーストーンイメージ

パワーストーンの効果を実感する為には

人間同士にも合う合わないがある様に、実はパワーストーン同士やストーンと人間の間にも相性があるのです。
例えば、ストーンと所有者が合わない状態であれば、ストーンは力を発揮できず、所有者側としても、そのストーンが持っている効果を感じることは出来ません。
ストーンと所有者間の相性を向上させる為には、注意しなければならないことが、いくつかあるのです。
ストーンは、それぞれに意味や効果があり、組み合わせや所有者によって、エネルギーが変化することがあります。
それ故、持つ人によってストーンの持つエネルギーの質が変化することもあり得るということです。
また、生まれ年や月ごとに誕生石と言うものがあり、一般的には自分の誕生月のストーンとは相性が良いとされ、身につけている人も多いです。
パワーストーンは、何も意識せずにつけているだけになってしまうと、それこそただのアクセサリーと言う役割の中に納まってしまいます。
ストーンの効果を実感したいのであれば、効果を所有者が引き出さなければならないのです。
効果を引き出すには、身につけることが大切です。
身につける時間が長ければ長い程、ストーンの影響を受けることが出来ます。
また、ストーンを定期的に浄化することも大事です。
悪い気を吸い取り、良い流れを提供し続けている為に、この浄化をせずに長期間使用していると、悪影響を受けたり、ストーンが効果を発揮できなくなるなどの逆効果となってしまうからです。
また、パワーストーンはそれぞれに意味や効果があると書きましたが、個性の強弱などもあります。
それ故、ストーンの組み合わせによっては、あまり良くない組み合わせもあったりするのです。
また、同じパワーストーンでも、ストーンの採掘地によって、エネルギーに違いが出てくることもあります。
私がパワーストーンを選ぶ基準は、ストーンの持つ意味を重視することが多いです。
自分でアクセサリーに加工する場合は、ストーンの色や、ストーン同士の相性を気にすることもありますが、大半は意味や効果から選んでいます。
時々、専門店やネットショップを見ていて、直感的にこのブレスレット良いな、とか、このストーンに興味が惹かれる、ということもあります。
直感的にピンと来る場合は、そのストーンを自分が必要としていることが多いと聞きます。
色が好みじゃなかったり、気分が進まない時は購入を断念することが多いのですが、どうしようもなく惹かれてしまう時には、買ってしまうこともあります。
身につけて思ったことは、直感的に欲したストーンは、やはりその時に自分にとって必要な効果だった様で、身につけたら気分が落ち着いたと言う事もありました。
ストーンを身につけるにあたって、大切なことは、そのストーンの持つ効果を信じること、そしてなるべく長い間身につけ相性を向上させること、ストーンも悪い気を吸収して疲れるので浄化を定期的に行うこと等が挙げられます。
人と人の出会いが縁だと言われているように、ストーンとの出会いも縁と言えるでしょう。
ただの石だとか、単なるアクセサリーとして身につけるだけでなく、ストーンの持つ効果を意識して身につけてみると、実際に効果を実感することが出来るかもしれません。

Copyright(C) 2010 石の力.com All Rights Reserved.