パワーストーンイメージ

プレゼントでもらったパワーストーンについて考える

パワーストーンを身につけている人に時々いるのですが、プレゼントでもらったものを身に着けていて大丈夫だろうかと訊かれることがあります。
プレゼントでパワーストーンをもらう、というのは珍しいと思いますが、それでも恋人からや親からもらった、という人もいるです。
そういうときには、気にせずにもらっておくといいです。
パワーストーンには力があるから、その贈った人の気持ちや影響があるのではないか、ということを気にする人がいますが、そんなことはありません。
たとえば、あまりいい相性だと感じないパワーストーンをもらった場合には、もしかしたら使用はまだしないほうがいいときなのかしれませんが、あるときふと相性がいいと感じることがあることがあります。
ですので、もし手放すことができないものなのであれば、浄化をしてきちんと保存しておくことも可能です。
プレゼントに贈りたいときには、石からその人に選んでもらって作ってもらえるところもあるので、そこで購入するのもいいのではないでしょうか。
以前作らせてもらったことがあるのですが、自分で石の意味から種類まで、そして組み合わせも考えられるので、とても自分好みのものが作ることができました。
自分で選ぶので、石との相性も抜群です。
贈られたものはなかなか身に着けるときには迷うものですが、石にはなんの影響もないので安心しましょう。
贈られた人からのよい心だけ受け取れた、と考えるといいのではないでしょうか。
石には色々な種類と同時に意味もそれぞれ違うものがあるので、それを考えながらできれば自分で選ぶのが一番いいといわれています。
それは、プレゼントでもそうです。
やはり、自分の意識をする感覚で石を選ぶことで、その石のパワーを発揮させてくれるのかもしれません。
石を身に着けるときには、まずはじめに石のパワーを充分に保てるように浄化、そして休ませてあげてから、そして購入した後は一週間は身につけておくようにすることがいいのだそうです。
それは、石にこの人が自分の持ち主だと感じさせるためと、同時に自分も意識して効果を引き出せるようになるからだといいます。
ですので、お店で自分で選んだものをブレスレットにした後には、一週間、ずっとつけていました。
そして、ケアも充分にして石の意味も考えながらパワーをかしてくれるようにお願いしてみました。
そうすることで、悩んでいたことや滞っていたものなどが流れはじめて、いい方向にいくことができるようになるのです。
石のパワーは持ち主が意識してはじめて発揮されるといいます。
一週間身につけていることで、はじめてパワーストーンになるのです。
石には力があるから、大丈夫と安心せずに、石と一緒にいい方向に向かわせていく、と考えるようにしています。
そうすることで、自分の意思と、石のパワーが合わさって、とてもいいことがあるように感じるからです。
意識することで、変わることがあります。
それは石の力だけではなく、自分の行動や意思をパワーに変えてくれる、ということなのかもしれません。
プレゼントでいただいたものは、きちんと受け取って、その後、どうするかはもらった人次第ですが、それでも石はきちんと意味を持って存在しています。
大切にしてあげましょう。

Copyright(C) 2010 石の力.com All Rights Reserved.