パワーストーンイメージ

病気の回復にパワーストーン効果を

わたしは少し前に胆嚢を患ってしまい入院しました。
そもそもは激しい腹痛に襲われ、夜間外来を利用して病院に飛び込んだのですが胆石症による胆嚢炎を起こしており、その場で入院そして当日の内に緊急手術を受けることになってしまったのです。
その時の退院後になかなか思うように回復がうまくいかず、わたしは病気に効果のあるパワーストーンの力を頼ってみたところ、とても順調に回復することができましたので、そのお話を書いていきます。
手術は胆嚢を摘出するというもので、全身麻酔をしての開腹手術でした。
当然しばらくは入院することとなり、痛みに苦しみながらの入院生活を送っていたのですが、日に日に手術の痛みは緩和されていき、およそ10日で退院できることになりました。
しかし退院後なにもしていない時には痛みもなく問題ないのですが、しばらく歩いたりするとかなりお腹が痛み、思うように動くことができませんでした。
それも鈍痛のような痛みではあるのですが、歩くのもままならないほどとなってしまいます。
しかも5分程度歩くだけでそうなってしまうのでとても困っていたのです。
数ヶ月経ってもその症状は治まらず、通院しながら先生にも相談していたのですがあまり好転することはなかったのです。
そんなある日わたしは以前よく身に付けていたパワーストーンのことを思い出したのです。
パワーストーンにはさまざまな効果のある天然石が使用されていて、それぞれの石により違った効果が得られるのです。
わたしは病気に効果のあるものもあるのではないかと思い、調べてみたところ病気という大まかなくくりではなく、非常に詳細にわたって頭や胃、足などそれぞれに効果のある石があることが判りました。
わたしの場合胆嚢ですので、直接胆嚢に効果のあるものは見つからなかったのですが、関連する臓器である肝臓に効果のあるものが見つかりましたので、それを購入してみることにしました。
そのパワーストーンはアクアマリンでした。
とても綺麗な水色でさりげなく付けることのできそうなブレスレットにしたのですが、それほど強い主張をするわけでもなくファッションアイテムとしても十分活用できそうです。
その日からわたしはそれを付けて毎日家の周りを歩くようにしました。
これまでも散歩はリハビリ代わりに毎日していたのですが、これを付けてからは少し疲れにくくなってきたような気がしました。
しかしお腹の痛みはやはり少し歩くと襲って来ましたので、まあ仕方ないかなとも思いつつ、疲れは少なくなった実感がありましたので多少なり効果もあるんだろうと思っていたのです。
しかしそれを続けて一週間ほど経ったあたりから、徐々にお腹が痛むまでの時間が長くなってきたのです。
わたしはこれはとうとう効果が出てきたのではないかと高い期待を持ち始め、さらに続けていくと約2週間を過ぎた頃でしょうか、ついに1時間歩いてもお腹が痛むことはないまでに回復したのです。
正直なところお医者さんもこれはもう数年間という長い時間をかけてゆっくり治っていくのを待つしか無いだろう、というようなことを仰っていましたので、わたし自身もそうなるのだろうと覚悟していました。
しかし思いがけずパワーストーンのおかげでわずか数週間で回復することができたのです。
今後も病気の予防や、その他の効果も期待しつつ大切に使い続けていきます。

Copyright(C) 2010 石の力.com All Rights Reserved.