パワーストーンイメージ

長寿の願いをこめてパワーストーン

パワーストーンとは目に見えない力が存在し、その力を感じ受ける事によって幸せになるのです。
私自身も願掛けのようにしてパワーストーンのブレスレットを愛用しています。
月の光を浴びさせて、月のパワーをパワーストーンに充電し浄化することもあります。
どうしてもブレスレットとして愛用しているためにずっと手首にしているために、傷つけてしまったりどこかにあたってしまったりとしてしまうこともありますが、できる限り大切に大事にしています。
そして付けることによって運命がどんどん良いように切り開いていったこともあり、絶対的な信頼をしているのです。
だからこそ友人や家族など周りの方にも、プレゼントする機会が多くなりました。
そこで祖父母のプレゼントに長寿を願い、健康で元気な毎日を過ごせるようにという願いを込め、丹念に石を選んで浄化してもらい贈ったのです。
長寿の意味を込め贈ったことを知ると、涙ながらに喜んでくれました。
気持ちが嬉しいと。
誰かを思い贈るプレゼントは確実に相手を思いながら選んでいる気持ちも込められています。
だからこそ喜んでくれたのです。
今のまま元気に暮らして欲しい、明るく楽しい毎日を送って欲しい、いつまでも生きて欲しいその気持ちを長寿という一言に込め、石を選んだのです。
パワーストーンをいうよりも、石の力は偉大で絶大な力を持っています。
だからこそ祖父母はこれからも絶対に元気なカラダで長生き出来ると思います。
初めは人に作ってもらっていたのですが、好きが高じて学ぶようになり、今では自ら石を選定しパワーストーンのブレスレットを作成しています。
最初のうちは、パワーストーン同士の相性についてもわからないと思いますので、専門のお店でパワーストーンについて詳しい人とともに選んでいくと良いでしょう。

自分で組み合わせて作っていく中で、日々勉強だなと思うのですがそれぞれの石の持つ意味やパワーの違いそして使用する相手にとっても、向き不向きがあるのです。
石が拒否することもあります。
なんとなく違和感を感じるのです。
そんな時はさっと石を交換するとしっくりと来ることの方が多いのです。
そうやってすぐに相手に最適なものに作り変えることが出来るのが嬉しいです。
祖父母にも長寿を願い、石を選定しブレスレットを作り渡しましたが、他の思いも強すぎて始めはしっくりとこなかったのです。
ついついダメなクセですが、欲張ってしまうのです。
あれもこれもと入れては絶対に行けないのです。
ある程度は選定することも重要です。
ある日とっても済まなさそうに、急に石が割れたと祖母が言ったのです。
怪我がなかったことが幸いです。
祖母はとても悪そうにしていましたが、私は良かったんだよ、おばあちゃんに起こるはずだった不幸な出来事を石がカバーしてくれたんだから、本当にこれで良かったんだよと言ったのです。
石の持つ不思議なパワーにまた魅せられた気がします。
自分に起こるはずだった不幸な出来事を石が吸収し、支えきれなくなって割れてしまったのです。
だからこそもし割れたり壊れたりしても心配は無用なのです。
プレゼントした方の中には、大切にしていたはずなのに無くしてしまったと言われた方もいましたが、その方にも石の持つパワーが必要でなくなったからなくなったんだよと言いました。
本当ますます石の持つパワーの偉大さに魅せられ、日々勉強の毎日が続いています。

Copyright(C) 2010 石の力.com All Rights Reserved.